搾精美熟女 赤瀬尚子 レビュー 【エロ動画】

作品構成


①オナニー

②バイブで男根責め→腹上射精

③フェラチオ→口内発射→ごっくん

④クンニ→フェラチオ→カラミ→胸上射精

⑤カラミ→胸上射精→お掃除フェラ

⑥足コキ→手コキ発射

⑦フェラチオ→口内発射→ごっくん

⑧クンニ→フェラチオ→パイズリ→カラミ→中出し

⑨〜⑫→フェラ→顔射

 

 

フェラチオ


彼女のフェラは唾液たっぷり!吸引力強めでしゃぶりあげるたびにギュポギュポと濡れた音が響きます。

スタイルはノーハンドフェラ。

ストロークは早く、若干激しめですが、唾液が多いのでとても気持ちよさそう。

実際男優が

 

 

『そんなことされたらすぐにイッちゃいますよ』

 

 

と漏らしているとおり、徐々に射精感がこみ上げてくるというよりは、急に射精感がこみ上げる感じなのだと思います。

それを物語るのがラッシャー監督パート。

2パートとも手でイカせた後、すぐにフェラを開始。

あっという間に射精までもっていくのですが、射精感を感じはじめてから発射までの時間が短い短い。

これを見ると彼女の凄腕ぶりが理解できます。

 

 

フェラシーンに関しては、このラッシャーパートの接写フェラが良かった。

個人的にハメ撮り風のアングルが好きっていうこともありますが、フェラは男優目線で距離が近いほどリアルで臨場感があります。

この作品は監督と女優が打ち解けているので、その空気感と臨場感がより濃密に昇華されているように感じました。

 

 

ごっくん


・1発目:口内発射→出されたザーメンをじっくり見せ味わう→喉を鳴らしてごっくん。

・2発目:口内発射→出されたザーメンをチラ見せ→喉を鳴らしてごっくん

 

 

12発中ごっくんは2発(ちょっと飲みは除外)のみ。

※2発ともラッシャー監督の精子を飲み込んでいます。

 

 

『もっと口の中の粘膜に広がらせてよ』

※この言い回し個人的にツボりました

 

 

1発目はラッシャー監督の要求どおり、口の中の精子をじっくり味わってからごっくん。

喉を鳴らして一気に飲み込みますが、苦そうに目を閉じています。

いつも思いますが、ラッシャー監督の精子って濃くてまじ苦そう(笑)

このあと斜めアングルになるんですが、ハミカミながらカメラ目線で話している姿が超可愛いです。

 

 

『ふにゃふにゃしているけど出ちゃいそう』

 

 

2発目はフニャチン状態で発射された精子を舌で転がし味わってからごっくん。

1発目と違いけっこうあっさりした感じでフィニッシュです。

ごっくんシーンに関しては、終始笑顔が絶えない彼女なので、ねっとりエロくといった感じではなく、あっさり爽やかな感じです←どんな感じや(笑)

まっこの雰囲気がこの作品の味であり、素材を活かしながら上手く演出するラッシャーみよし監督の手腕でしょうね。

欲を言えば12発中ごっくんが2発しかないのはさみしい。

この女優に大量ごっくんは似合わないと思いますが、今後1発1発丁寧にごっくんしていく作品をみよし監督に作っていただきたいです。

 

 

女優


赤瀬尚子

・身長:161cm
・スリーサイズ:93・60・90
・生年月日:1990年3月15日(30歳)
・Twitter:@rekko_akase

ほどよい肉付き、豊満な胸と尻、母性を宿すやさしい笑顔。

男好きする要素がふんだんに盛り込まれた赤瀬尚子。

笑顔が印象的でとても可愛らしい女性ですが、責められると表情が一変。

半目で男を見つめながらヨガりまくる姿は艶かしくすごぶるエロい!!

 

 

年齢を感じさせないあどけない表情と妖しい色気。

このギャップは強力ですね。

作品の演出なのか、もともとこういうキャラなのかは他の作品を見たことが無いので分かりませんが、作品における赤瀬さんはとても可愛らしくてエロいです。

 

 

『ザーメンの匂いに興奮する』

 

 

顔射・ごっくんシーンにおいても恍惚の表情で顔に精子を受けたり、笑顔でザーメンを飲み干すなど、ザーメン耐性もありフェラも上手い!!

正直購入動機はラッシャーみよし作品であること、フェラ・ごっくんシーンがあることで、女優は二の次・三の次でしたが、今では「赤瀬尚子」が強烈なインパクトとなって記事を書く手が止まらない・・・そんな状況です(笑)

これから注目していきたい女優の仲間入りを果たしました♪

 

 

サンプル動画


 

 

商品詳細はこちら
 

 

 

コメントを残す